Local Activate(ローカルアクティベート)

石岡城

¥ 500

【ご注文方法について】

ご自分がお持ちの帳面、あるいは直書きの2種類をお選びいただくことができます。(両方お求めも可)

詳しい購入方法や販売方法については下記URLの記事をお読みの上、ご注文お願いいたします。

【10月12日20時〜】承前啓後プロジェクト開始いたします(帳面直書きも可)※注文方法の記載あり

 

クリア
商品コード: 該当なし カテゴリー: タグ: , , ,

石岡城は、建保2(1214)、大掾氏の祖となる馬場資幹によって築かれた。 馬場資幹は常陸大掾を継承して大掾氏を名乗り、常陸国衙で政務をとり、地頭職を得て館を築いたのが始まりとされる。馬場資幹は初見は建久元年(1190年)に源頼朝が上洛した際に先陣に加わったとされる『吾妻鏡』の記事が初出で、それ以前のことは不明ですが、他の常陸平氏と同様、金砂城の戦いの後に頼朝に従ったと考えられている。


貞和2年には正平元年(1346)、大掾詮国の頃に常陸国衙を拡張し、府中城を築いた。府中城へと居城を移した後は、府中城の支城となり「外城」とも呼ばれた。

御城印の種類

書置き, 帳面直書き