Local Activate(ローカルアクティベート)

城跡紹介

高井城

歴史  下総相馬氏の庶流である高井氏の居城で、取手市内では最大規模を誇る城跡です。  守谷市にある守谷城の支城とされています。    「高井」の地名は、建武3(1336)年の相馬親胤宛て「斯波家長奉書」に大鹿村とともに記 …

高井城 もっと読む »

貝原塚城

歴史  築城年代や詳しい城の経緯は不明ですが、江戸崎土岐氏が龍ケ崎一帯を攻略する以前は、小田方であった貝原塚将監氏胤が城主であったとされています。土岐氏がこの地を治めて以後は、土岐氏の重臣であった諸岡(師岡)氏が入城した …

貝原塚城 もっと読む »

馴馬城

歴史  馴馬城の築城年代や歴代城主については、その一切が不明ですが、南北朝時代に南朝方の拠点となっていたことが諸文献を根拠に指摘されています。  文献によれば、南朝方は、2度にわたって馴馬城を拠点にしたとされています。1 …

馴馬城 もっと読む »

龍ヶ崎城

歴史 元暦元(1184)年、頼朝への忠義が篤かった下河辺政義が常陸国南部の惣地頭職に任ぜられ、龍ケ崎の地もその配下に入りました。その後、頼朝の弟・義経が謀反を起こすと、姻戚関係にあった政義は領地を没収されてしまいました。 …

龍ヶ崎城 もっと読む »

遠山城

歴史 遠山城は、牛久城東側の遠山町に所在し、現在は、堀状の地形となっている鹿島神社の参道および境内に空堀と土橋を確認できます。 その他の遺構は、宅地化によりほぼ隠滅しており、把握は困難です。 遠山郷は河内郡の一部で、小田 …

遠山城 もっと読む »